今日の悠葵
親ばかの管理人ロニママが、日々成長している娘の悠葵の様子や、毎日読む絵本の紹介などを書いています。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
『ルルちゃんのくつした』
ルル


※あらすじ
ルルちゃんが、くつしたをなくしてしまいます。
先生に聞いても、みんなに聞いてもわかりません。
うさぎがみみにはいたかな?わんこが、くびにまいたかな?どこかでないているのかな?と心配します。
最後は、「ごめんなさい くつしたさん」

※ゆうきの反応
表紙のルルちゃんを見ては「ないねぇ〜」手に持ったくつしたを見つけて「あった」などと言っています。
先生が登場しますが、身近に先生がいないせいか絵を指さして「おかあしゃん」と言います。似てる訳じゃないですよ。

※ロニママの感想
うさぎが耳にはいたかな?ぞうがますくにしてるかな?と想像するところは、とてもかわいいです。絵もかわいいです。
結局、くつしたは見付からないで、ルルちゃんが「ごめんなさい」と誤って終わりです。私は「えー、見付からないの?そんな終わり方?」と思いました。でも、見付かって「大切にしようね」なんて終わり方だと説教くさくなって、つまらない絵本になっちゃうかな。
bk1の書評を見ると、「ごめんなさい」が言えるようになるとか、やさしい気持ちが生まれるとか書かれています。
ゆうきもくつしたが泣いてる絵を見ては「たった(くつした)えーんえーん」と言ってるので、「ごめんなさい」とか大切にしなくてはという気持ちは伝わってるのでしょうか?

※ゆうき1歳8ヶ月 79冊目の絵本
えほん | permalink | comments(0) | trackbacks(1)
『おふろだ、おふろだ!』
おふろだ、おふろだ!(くまくんの絵本)
わたなべしげおぶん・おおともやすおえ

出版社 福音館書店
発売日 1986.09
価格  ¥ 780(¥ 743)
ISBN  4834000656

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1


※あらすじ
どろんこになったくまくんが、パパと一緒にお風呂に入ります。
パパの背中を洗って、10まで数えてあがります。

※ゆうきの反応
お風呂上がりに、くまくんとパパがお水を飲んで「あー、おいしい!」。
ゆうきは、「にゅうにゅう(牛乳)おいしい」わが家の風呂上がりは牛乳なんですよね。
続きを読む >>
えほん | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
『ぞうのボタン』
ぼたん


再登場の絵本です。
※あらすじ
ぞうのお腹にボタンが4つ。ボタンを開けて出てきたのは馬。
馬のお腹にもボタンが4つ。ボタンを開けて出てきたのはライオン。
ライオンのお腹にもボタンが・・・・・
最後にはネズミが登場。ネズミのお腹から出てくるのはなんとぞう。
文字のない絵だけの絵本。

※ゆうきの反応
夕べの出来事です。
続きを読む >>
えほん | permalink | comments(2) | trackbacks(1)
『ぐりとぐらの1,2,3』
ぐりとぐらの1・2・3
なかがわりえこさく・やまわきゆりこえ出版社 福音館書店発売日 2004.10価格  ¥ 500(¥ 476)ISBN  4834020088
「いのししが いっぽんみちで みつけた いちご ひとつ」「トマトの とうさん 10がつ10かに トマトジュースを 10ぱい のんだ」…。リズミカルな言葉と楽しい絵による、幼い子がはじめて出会う「数」の小型絵本。 [bk1の内容紹介]
bk1で詳しく見る オンライン書店bk1

※ゆうきの反応
実はまだあんまり読んでません。
続きを読む >>
えほん | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
『ぼうし』
ぼうし
中川ひろたか文・荒井良二絵

出版社 偕成社
発売日 2000.02
価格  ¥ 840(¥ 800)
ISBN  4032276501
「あおいぼうしがとことこ…あっわにちゃん。あかいぼうしがぴょんぴょん…あっうさぎだあ。」 青、赤、白、緑、黄の五色の帽子と、それぞれの帽子をかぶった動物たちの絵本。 [bk1の内容紹介]

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1


※ゆうきの反応
帽子が動く「とことこ」とか「するする」というのは、すぐに覚えてページをめくると「とことこ」と言ったりしています。
白い帽子のへびが登場する場面が「やや へびちゃん」なのですが、この「やや」が気に入ったようで、なんども「やや」を繰り返しています。
「やや」というのは、今までにない感じなのかな。
続きを読む >>
えほん | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
『みんな ぜんぶ いろんな』
みんなぜんぶいろんな
中川ひろたか文・奥田高文写真

出版社 
発売日 2004.04
価格  ¥ 1,575(¥ 1,500)
ISBN  4893093207
これは鳥 これは草 これは虫 これは木 いろんないのち ぜんぶいのち みんないのち−。かけがえのない命を考える写真絵本。 [bk1の内容紹介]

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1


※ゆうきの反応
この本の最初は色々なコップで始まります。次は、色々な時計。
bk1の内容紹介では、「かけがえのない命を考える写真絵本」とありますが、ゆうきは、色々なコップや時計を見て楽しんでいるようです。
続きを読む >>
えほん | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
『おててがでたよ』
おててがでたよ(福音館 あかちゃんの絵本)
林明子さく


※ゆうきの反応
「じぶん」と言ってこの絵本を読み始めました。
最後の「うーん、うーん」の所と「すぽん」の所を何度もやってます。
「うーん」の時は、えほんの絵と同じ格好をしているところが、とってもかわいい。
続きを読む >>
えほん | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
『あくび』
あくび
中川ひろたか文・飯野和好絵

出版社 文渓堂
発売日 1999.10
価格  ¥ 1,575(¥ 1,500)
ISBN  4894232383
カバも、キリンも、ゾウも、サルも、カラスも、運転手さんも、お客さんも、工事のおじさんも…みーんな、開いた口がふさがらない。どんどんあくびがうつって、なんだか眠たくなってきちゃう本。 [bk1の内容紹介]

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1

※ゆうきの反応
まず、表紙を見て「おーー!」当然の反応でしょうね。(笑)
続きを読む >>
えほん | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
『おにぎり』
おにぎり(幼児絵本シリーズ)平山英三ぶん・平山和子え


※ゆうきの反応
夕食前だったこともあって、この絵本を読んだ後に「にいに(おにぎり)、にいに」とおにぎりをくれとせがみました。
そこで、ゆうき初体験。おにぎりを作りました。
「ぎゅっ、ぎゅっ」とか「くるっ」とかやってました。
とは言え、私が握ったのを手にもたせただけですが。
続きを読む >>
えほん | permalink | comments(2) | trackbacks(1)