今日の悠葵
親ばかの管理人ロニママが、日々成長している娘の悠葵の様子や、毎日読む絵本の紹介などを書いています。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『ごぶごぶ ごぼごぼ』 | main | 『ねずみくんのチョッキ』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
『んぐまーま』
んぐまーま
んぐまーま
谷川 俊太郎, 大竹 伸朗

※あらすじ
たぶん、あらすじはないと思います。
表紙を見ればわかるように、よくわからない不思議な絵と、谷川さんの不思議な言葉でつづられています。

※ゆうきの反応(1歳3ヶ月)
じーと見ています。
何回も持ってきます。

※ロニママの感想
この本は、以前にも図書館で借りていて、ブログになる前の「ゆうきのほんだな」でも紹介しています。
本当にわけのわかんない本です。でも、私はなんとなく好きです。
今回再登場させたのは、ゆうきが何回もこれを読んでと持ってくるからです。前回は、じーと聞いてはいましたが、あまり興味をしめした様子でもありませんでした。今回は、続けて3回も読まされました。この不思議な世界が気に入ったんでしょうか。
えほん | permalink | comments(4) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
- | permalink | - | -
この記事に対するコメント
これ、買った人スゴイです!
あっと、はじめまして。
しゅんてゅけさんのところからやってきました。山猫編集長といいます。
この本買える人がいましたね!って、売れなきゃしょうがないんですが。(笑)
でも、正直この感性!ため息が出ます。フ〜。赤ちゃんもすごい!(^^)
このシリーズは貴重品の絵本ですよ。大事にしてくださいんね。
そして、あらためてこの絵本に目をつけられたロニママさんの感性に尊敬の念すらおぼえます!
−−(や)−−

山猫編集長 | 2004/11/06 6:59 PM
この記事に対するコメント
山猫編集長さん、はじめまして。
えっと、なんかすごくほめて頂いてますが、これも図書館本です。(^_^;)何回も借りてます。しかし、借りる人も少ないみたいで、いつもありますよ。
谷川俊太郎さんが好きで借りたのですが、実は私も半信半疑でした。子どもの感性ってわかりませんよね。(笑)でも、何度も読んでるとなんだか、楽しくなりますよ。
ロニママ | 2004/11/06 11:39 PM
この記事に対するコメント
いえいえ、たとえ買っていなくてもいいんです。
この本についての感想なり、コメントを今まで見たことがありません。
実は、このシリーズの長新太さんとおかざきけんじろうさんのものを購入したのですが、この試みの出版は、「快挙!」と思っているのです。
こうしたコメントに出会えたことがウレシイ!のですから。
−−(や)−−
山猫編集長 | 2004/11/08 9:12 AM
この記事に対するコメント
長新太さんのは「にゅるぺろりん」って本ですか?これなら、私も読みました。子どもには、見せてないかなぁ。
長新太さんの世界も大好きです。これから、ぼちぼち登場予定です。
ロニママ | 2004/11/08 1:51 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://you2wing.jugem.jp/trackback/14
この記事に対するトラックバック
みなさん、こんばんは。 たくさんの絵本が集まってきました。 絵本を探している方にぜひ見ていただけると幸いです!! さて、今回の『びびび絵本』プロジェクトのテーマは、『子山羊の本棚』の、美穂さんよりテーマのリクエストをいただきました(ありがたや)!!
第7冊 『びびび絵本』プロジェクト:『子どもにとって、キテる絵本』 | びびび絵本Web | 2004/12/01 10:46 PM