今日の悠葵
親ばかの管理人ロニママが、日々成長している娘の悠葵の様子や、毎日読む絵本の紹介などを書いています。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『よこむいて にこっ』 | main | 5冊も >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
『おにぎり』
おにぎり(幼児絵本シリーズ)平山英三ぶん・平山和子え


※ゆうきの反応
夕食前だったこともあって、この絵本を読んだ後に「にいに(おにぎり)、にいに」とおにぎりをくれとせがみました。
そこで、ゆうき初体験。おにぎりを作りました。
「ぎゅっ、ぎゅっ」とか「くるっ」とかやってました。
とは言え、私が握ったのを手にもたせただけですが。
※ロニママの感想
再登場の絵本です。
やっぱり、この絵本を読むと食べたくなるんですよね。(笑)
平山和子さんの絵は、本当にすばらしい!本当においしそうなのです。

ブログ以前の記事 ゆうきのほんだな索引よりお入り下さい。

えほん | permalink | comments(2) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
- | permalink | - | -
この記事に対するコメント
たくさんアップしてくれましたね。
中でもこの絵本。・・・どんなのかなあと思って、興味がわきました。
これって、写真絵本なんですか?
「いっしょにつくってみよう!」的な絵本なんでしょうか?
ゆうきちゃんが気に入ってるのは、どんなところですか?
−−(や)−−
山猫編集長 | 2004/12/23 7:41 PM
この記事に対するコメント
写真絵本ではありませんが、まるで写真のような平山さんのリアルな絵で描かれています。
まずは、1ページ目
「ごはんを たいて」湯気のたつアツアツのご飯と、梅干し。2ページ、3ページ
「てのひらに みずをつけて」
「しおをつけて」と手のアップ。
おにぎりが出来るまでは、おにぎりを作っている手のアップです。
そして、お皿に並んだおにぎり。
人の顔や、姿は出てきません。手とおにぎり、梅干しだけです。
最後は、お弁当箱に入ったおにぎりを「はい、どうぞ」と手元だけで、読者に向けて差し出されます。
この読者というか、読み手、もしくは聞いている子どもに向けて差し出されるところが、平山さんの絵本の楽しいところです。
これは、「いっしょにつくってみよう!」的な絵本ではないと思います。どちらかと言うと「いっしょに食べよう!」的な絵本かなぁ。それとも、ちょっと違うような・・・(^_^;)うーん、難しい。
ゆうきは、「ぎゅつぎゅっ」「くるっくるっ」とおにぎりを握るところや、お皿に並んだたくさんのおにぎりの場面が好きなようです。「おーー!」なんて言いますから。
ちなみに、平山さんの『くだもの』『いちご』もすばらしいです。『いちご』は、11月29日に紹介してますので、よかったら見て下さい。
ロニママ | 2004/12/23 11:41 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://you2wing.jugem.jp/trackback/99
この記事に対するトラックバック
久しぶりに『びびび絵本』プロジェクトのテーマを出させていただきます。 第17冊のテーマは、 『おいしい絵本』 です。 おいしそうな「いちご」だったり、 おいしそうな「スープ」だったり、 はたまた、おいしそうな「ぶた」だったりと、 絵本には、おいしそ
第17冊 『びびび絵本』プロジェクト:『おいしい絵本』 | びびび絵本Web | 2005/01/31 9:24 PM